日本赤十字社北海道支部は、北海道札幌市を拠点に献血・ボランティア・義援金・講習などの活動を実施日本赤十字社北海道支部は、北海道札幌市を拠点に献血・ボランティア・義援金・講習などの活動を実施しています。

ホーム活動の紹介 > 国際活動

国際活動

 現在、世界の180カ国以上の国々に組織されている赤十字は、赤十字国際委員会並びに国際赤十字・赤新月社連盟と連携を図りながら、国境、民族、そして宗教もこえて、紛争、災害、貧困などで苦しむ人々のため、支援の手を差し伸べています。日本赤十字社は、国際救援や開発協力の両分野で活動していますが、北海道支部も国際活動に積極的に取り組んでいます。

医療要員等の派遣

 日本赤十字社では、南部アフリカのコレラの蔓延で特に被害が拡大しているジンバブエに基礎保健を中心とする仮設診療所(ERU)の派遣を行いましたが、道内からは平成21年1月10から2月10日まで清水赤十字病院から医師1名を派遣しました。

国際活動1 国際活動2

ベトナムにおける災害対策事業

 毎年襲来する台風による高波が原因で沿岸地域の堤防が破壊され、周辺住宅や田畑に影響が出ていることから、日本赤十字社ではベトナム赤十字社と協力して、マングローブ林の植林による災害対策事業を行っています。北海道支部では、平成9年度から資金提供を通じて参加しています。

「ベトナムにおける災害対策事業」詳細はこちら

ホーム活動の紹介 > 国際活動